スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年1月11日 テレフォン人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
   回答者:大原敬子(幼児教育研究家)

相談者46歳女性・再婚(再婚は7年前)
夫56歳・初婚
長女14歳・初婚のときの子、再婚したときは7歳




相談者:抜毛がとまらない
私に原因があるのではないかと思うようになり
わたしもかなり口うるさく言う親であり
ものの言い方もきついほうなので

私の接し方、こころの持ち方が子供に影響してるのかなと
でもそれをどうしたらいいのかなと

加藤:恋愛結婚ですか
相談者:この主人とは再婚です、主人は初婚です
加藤:何年前ですか
相談者:7年前です
加藤:14歳のお嬢さんは前夫の子
相談者:そうです
加藤:今のご主人との関係は
相談者:ものすごく仲が良い訳では無いが
普通に暮らせている

何か叱ったり、注意しなければならないことがあると
夫に言わせるより自分が言ってしまうことがいいかな
と思い私がいうことがおおい

加藤:ご主人に叱らせるのがいや?
相談者:いえ、そういう訳ではないです
 悪者は私がいいかなと
加藤:ご主人に対する不満が娘さんに置き換えられてる?
相談者:それはないと思います

加藤:それはないです、うーん、、、、
あのねえ、お嬢さんも毛を抜かないように
してると思います
なぜお嬢さんは抜くまいとおもっても抜いてしまうのは
無意識の中に毛を抜かなければならない必要性がある
無意識に問題を抱えている

お嬢さんからみるとお父さんとあなたと3人の関係に
不満があるのでは
相談者:生い立ちに問題があるのと
再婚はこの子が生まれてすぐ
私がすぐに仕事をしていたので実母に面倒みてもらっていた
その間、家をあけて子供に接する時間がなかった
加藤:お嬢さんさびしかったということですか
相談者:それもあると思います






回答者:大原敬子(幼児教育研究家)





大原:こんにちは
とても不思議なの
子供とも夫とも関わりがない

たったひとつみえるのは
「夫に娘の事は言われたくない」
夫が娘に注意するのはいやだ。

これ女性からすると生理的嫌悪感
「あなたには言われたくない」

相談者:常に夫に私の娘に何かいうのはやめて!
と強い気持ちを思ってるわけではない

大原:最初子供の抜毛は私が原因ですと
あなたはいいました
問題を解決をしようとする母にみえたが
ところが加藤先生との話でひとつも具体性がない

私が原因です、という割には
お子さん7歳くらいで実母に預けて
私は経済的に大変で子供をみられなかった
だから私にはどうしようも無い状況だったんです、
と私には理解できてますが、
それはそうですか?
相談者:はい
大原:自分が原因で白旗あげてるわりには
いらいらしてるんですか
恋愛結婚ですか
夫の立ち位置が見えない

お嬢さんが自分で抜毛するということは、
お嬢さんは父親との関係の立ち位置がない
お母さんとも関係も解らない
常に不安、いらだち、恐れがある
「こんなに自分に変化にあったの」
自分に振り向いて欲しいというのがある

女が子供7歳かかえて結婚なら
本当にその人がすき
生活のために子供のためにいいかもしれない
いろいろありますよね

相談者:もちろん経済的に大切だったし
それは第一ではありません。
でも出会ってしまったことで
おかえりなさいといえなかった
それをしてあげたらいいよと 主人も言ってくれましたし
そういう意味で結婚したんですけれど
大原:幸せな家庭ですよね
抜毛はいつから
相談者:2年前から

大原:あのね、ご主人さまとの恋愛かんけい
男としてはあなたは愛してるけれども
父親としてどれくらい信用してるのかなと
相談者:小さいときから娘をみていたのは私で
いろいろな癖、慣れている事、表情、それを
今の夫は何一つ見ていないので
ことあるごとに説明してます
子供にとって自分の過去を知らない人ですよね、父親は

大原:ここなんです
あなたにとっては夫
お父さんと言っておきながら、
しかし娘にとっては父親ではない。
どう対応していいか娘さんは解らない
お父さんといいながら立ち位置わからないですよね

相談者:私そこまでかんがえていませんでした
大原:あなたが全部してあげて娘さん、お父さんとかんが得られますか?
お嬢さん、なんでこのおじさん、この家にいるんだろう
と思いませんか?
相談者:小さい時から感情を表に出すことができなくて
そう言うことが積み重なって、症状が出ていたと思う

私の実母に面倒みてもらっていたとき
子供が言うには実母はきつかったそう
骨折したんですが痛くて怖かったのに
「泣いたらだめ」とおばあちゃんに言われた
それくらい怖かったんだよ、と笑っていうが
子供が自分の気持ちをだしていい状況ではなかった
それが今の生活でネックになってるのかも

大原:あなたもしかして、
今回のお嬢さんの原因が、
自分たちの結婚と思いたくない、実母のせいにしてませんか?
相談者:それはおもってなかった
大原:すべては何かのせいにしたら楽なんですよ。

私にはそれが見える
相談者:何かのせいにしたら楽だと思います
大原:ご主人さまにお子さんへの位置づけを明確にするのがまず第一

一日に抜くと山積みになりますが
いまは毛を抜くときはどのくらいですか
相談者:最初の2年前がひどかったですが
今はどこの部屋にも落ちてるかなと
大原:耳当てのあたりを抜いてますか
みてませんか
相談者:みてます
大原:みてます?
相談者:注意していけないような気がするので何もいいません
大原:幼児みていて、一番かんじたことは
お母さんがまじめなんです
やれといった約束は守るんです
でもちょっとしたこと
「今日は遅かったですね」
だけで責められると考えるお母さんが多い
子供は気がついて欲しいです
ちくちくと抜くと自分の感覚がわからなくなるんです
子供は言って欲しい
だから言うんです
「どうしたの」「つらいの」
堂々といってあげていいんです
相談者:最初はいっていたんですが
いってもいっても辞めないので
きつくいったり
「やめられないから」と娘もきつくいうので

大原:お父さんとお母さんの位置づけ、
どうしても必要だとわたし先ほど言いました
相談者:父親との位置づけ初めてかんがえますが
やってみようと思います
大原:あのね、今 高校生の女の子たち、
非行に走る子たちの求めてるお父さん像わかりますか
最初はフレンドリーのお父さん像がいいんですって
思うけどだんだん馬鹿みたいと思う
お父さんは こうだ、といってくれるお父さんは
「やるじゃん」と子供は思うみたい

家庭で乱れる子というのはお父さんの席がテーブルにない
いいお子さん、勉強ができるかどうか別にして、良い子の家は
ここはパパの席、そこは誰も座らない
居る居ないではない、
そこにお父さんがあるという存在
こういう存在はこれから必要。
それしか今はいえないんですけれども、
実母を責める前にあなたたちの新しい家族構成を築くこと
これがひとつのきっかけだと思うんですけれどね

加藤:先ほどからあなたがさっきから何回もいってるけど
お嬢さんが感情を出せない、
それはお嬢さんじゃなくて、あなた自身の説明じゃないですか
相談者:それはあると思います
加藤:あなた自身が感情を出してないんです
相談者:どうしたらいいんですか
加藤:紙に過去の関わった人の感情を全部かいてみたら
それができると大原先生が14歳の子供の居場所つくりなさい
父親をこういう位置にしなさい
それが実行できます


(格言なし)
にほんブログ村 テレビブログ ラジオ・ラジオ番組へ
にほんブログ村 ラジオ・ラジオ番組

コメントの投稿

非公開コメント

*
アクセスカウンター
最新記事
プロフィール

速記兄さん

Author:速記兄さん
テレフォン人生相談速記サイト

QRコード
QR
Calendar 1.1
<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -

全記事

Designed by 石津 花

リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
**
『送料無料』クレーマ・カタラーナ(2個セット)『納期:9月上旬以降順次』

『送料無料』クレーマ・カタラーナ(2個セット)『納期:9月上旬以降順次』
クリスタルガイザー 500mL 48本入

クリスタルガイザー 500mL 48本入
(うなぎ 鰻 蒲焼)国産 特大うなぎの蒲焼きお試しセット

(うなぎ 鰻 蒲焼)国産 特大うなぎの蒲焼きお試しセット
お中元 ジュース 3種類から選べる半額ギフト

お中元 ジュース 3種類から選べる半額ギフト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。